上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は部活でしたがこのところの雨、特に昨夜。自分が塾から帰ってきたとたんに「ざーっ」ってすごい音で降り出して・・・
で、筋トレ。昨日も言ってましたが・・・まぁスポンジのボール使って多少はラケット使ったけど・・・
結構辛かったです。

で。ゲーム貸してくれるって言ってたやつがサボりやがって・・・明日模試で休むのに・・・月曜が代休だから3連休の間にやろうと思ってたのに・・・
ちなみにゲームってのはFF9。ディシディアやってからいろいろ興味でてきて・・・昔からRPGを最後までやったことが少なくて・・・
FFも1・2・7・10をやったことあるんですが全部中途半端で1・2(アドバンス)は売ってしまったし、7・10はやり終える前に友達に返してしまった・・・ドラクエもまた然り・・・
原因はへやにテレビがない!それだけ。
やりたくても他に家に誰かいたらやりづらいし・・・

だから部屋にテレビが欲しいと言ってる(ry

もう一人のもってる(であろう)中学の友達とも連絡とれないし・・・
もう一人の友達曰く、「とまってんじゃね?」そいつもメールが返ってこないらしい・・・

この3連休、なにすればいいんだー!笑

もう一人のとゲーム買いにいこうかな・・・

てか今友達から「(うちの近くの)コンビニに傘忘れたんだけど。2本。あるかみてきてくれない?」
・・・2本・・・
行ってくるか。


では。
スポンサーサイト
『罪悪感はなくなった?』
───はっ
舞台はグランド。7回裏。2点リード。「あと1人」コールが流れる中、実乃梨は立っていた。
エース櫛枝投げた!打った!しかし打球はぼてぼてのピッチャーゴロだが・・・落とした。


3?4x
「・・・なーにやってんだぁ・・・私は・・・」


♪?(My silky love)24時間ずっとー(?)
あってるかな?
やっと変わりましたかー。なんていうかー・・・かっこいいOPですね?
てか北村影薄くなったなー・・・生徒会室でたそがれてたけど・・・
なんていうか今後の展開が予測できるっていうか・・・そんな感じですね。
てか実乃梨がダッシュするとこって・・・

─駅前
クリスマスが近いといって大はしゃぎの大河。本人曰く『クリスマスだーいすき』らしいので。何か理由があるのでしょうか?
そして大河の停学中に実乃梨との進展はあったのか尋ねる大河。しかし結果は芳しくなかったようなので・・・
「わかった。私が何とかしてあげる。クリスマス、恋の天使に生まれ変わりしこのエンジェル大河様が何とかしてあげるって言ってるの!(勝利のVサイン)」
「き・・・気持ち悪い・・・」
・・・とにかく、大河は竜児の恋路を応援すると言っていますが・・・

─学校
「タイガーさん。お勤めご苦労様でしたー。」なにやら異様な雰囲気の校門。
どうやら兄貴(すみれ)VS手乗りタイガー戦を見てファンになったというが・・・
『兄貴が留学するのを知って白黒つけるため最初で最後の殴り込みをかけたんですよね?』
・・・事情を知らない奴らにはそう伝わっていたらしい。
しかし、「吾輩こそが真の勝者ナリよー!!」『うおおぉぉぉー』
「ほら、こんなのに構うな。行くぞ大河。」
これもクリスマスのせい?

─2?C
「張り詰めた?腿の?・・・」
「・・・な、なにごとだ!?」しかしそんなのはお構いなしに飛び込んでいく大河。
「みのりーん!私学校に戻ってきたよ!」「なんで待ち合わせにいまかったんだよー?」
どうやら今日は寝坊したらしい。「つかなんで遅刻した私が先に教室についてるのさー?」「お、おう。それがさあ、なんかそこで変な奴らに囲まれて。そんなことより櫛枝」「黙れ小僧!」・・・と言った後に壊れる実乃梨。最近様子がおかしいようですが・・・まだ試合のミスを引きずっているよう・・・

そこに『土下寝』して登場する北村。土下座では足りないらしい。自分のせいで停学になっていたのでこちらも気にしているようですが・・・
─昼食の時間
『それでね、私見ちゃったんです。』『はい』『その助教授の彼がパチスロ屋から出てくるところを』

「担任泣かせてどうするんだよ北村は」
「ゆりちゃんだって気付かなかったふり、してあげようね」「そうだね・・・」
『というわけで失恋大明神北村祐作のお送りするあなたの恋の応援団・・・』
あの大告白以来恋愛の教祖になったらしい。『悪いものは全部持って行ってくれる』という意味でですが・・・
そしてうるさい春田に「大河が放送聞こえない」とやけに大河に親切にする能登ですが・・・
そして二人とも大河がおとなしい事に気がついて「気づいた?私いい子にしてるんだ。」「だってほらサンタさんが見てるから」
・・・「はぁー?なにそれー?ばっかじゃねえーのー?」「サンタ、サンタってあんたの口からそんな言葉が出てくるなんて似合わねー。」ここで亜美が登場。しかしそれにも動じない大河。それを気味悪そうに、心配?する亜美「まさか死亡フラグ?」

『大明神』結構重要だったりして・・・?


『・・・さて、苦しい試験の後には皆さんお待ちかねのクリスマスですよね。というわけでここで生徒会からお知らせ・・・』
なんとイブの24日、有志でクリスマスパーティーを行うとのこと。
『思いを寄せるあの人をこの機会に誘ってみてはどうでしょうか?』

─帰り道
さっそく実乃梨に告白しろという大河。

なんだなんだ!?と思ったら、「てゆー夢を見たんだよ?」・・・
春田の夢の話から再開。
画像用意できなくて残念です・・・
これ原作の7巻の最初に乗ってるんですが、大河のは白じゃなくて原作通り黒の方が・・・ってね。

準備委員を募集する北村だが、そこで能登がまた大河に「クリスマス好きって言ってたし」と準備委員を進める。本人も「やややぶさかではない。」と。
北村とできるからなんでしょうね。そして竜児を誘う大河。そして実乃梨も誘うが、「ごめん。今回はみのりん、パスだぜよ。」と。
まだ試合のことを引きずっているというが・・・本当にそれだけでしょうか?「せめてパーティーは一緒に」「パーティーにも行かない。」なんか意地になってるような・・・?それにしても竜児の顔・・・
「だったら準備委員、私がやろっかなー?」
急に盛り上がるクラス・・・
「・・・あら??なあに、その目は?あたしと一緒じゃ不服?」「言っとくけど、高須君。あたしには親切にしておいた方がいいと思うよ?」「元気のない誰かさんを、騒いで煽って連れ出すのも、亜美ちゃんのさじ加減1つ・・・」
しかし実乃梨にも聞こえて・・・
「あれー?どうしたのー?やっぱり一緒にやりたくなったー?だったら私はいつでも歓迎だよー?」「だから無理なんだって」
苦笑い、立ち去る実乃梨。憂鬱そうな呆れたような表情の亜美。
亜美も亜美でなんか挑発するような・・・
『罪悪感』以来の最初の接触はこんな感じですが・・・


泰子、インコちゃんとの会話。ガンスって・・・インコちゃんも・・・

そして試験勉強のため実乃梨のファミレスへ。本人はバイトで来れないそうなのですこしでもみんなより早くにいって話そうとする2人。福男レースの景品の兄貴ノートももっていざ・・・
「櫛枝は本日お休みです。ご注文・・・」休み。だそう・・
「ねえ竜児、あんたみのりんに避けられてない?」いきなり確信をつく大河。「どうやって応援していいかわかんなくなっちゃった。あんたとみのりん前とはなんか違う。前はもっとあんたたち・・・」「ん・・?」
しかしそこで「よーっす」能登、春田登場。続いて北村。そして「やっぱダウンだよー」なんと木原麻耶が登場。少々驚く竜児だが・・・亜美や奈々子抜きで単独できたことが意外だったよう。
そして、ここで能登が行動開始。なんかちょっと今までと違う感じがしていたが・・・見事な席の割り振りで大河・北村とその他2:4で分ける能登。麻耶はどうにかして大河・北村を阻止しようとするが、能登に阻まれ・・・
そして2人にドリンクを取らせに・・・
「おい、お前はなにしようとしてんだ?」
どうやら能登は大河と北村をくっつけようとしているよう。大河と北村はお似合いだと思っていたと能登。そして大河は北村のことが好きだ。と言い出す。そして始終つまらなそうに聞いている麻耶。
しかし竜児は思わず「違う・・・」と呟いてしまう。


───違わねえ。大河は北村のことが好きだ。そんなことずっと前からわかってることじゃねえか。なのに何で俺は・・・・わかんねえ───
「ねえ高須君ねえってば!」
「高須君はどう思ってるの?」
と麻耶。
こちらはこちらで大河と北村が気になっているようで。「だよねえ、思わないよね!みんなそう言うけどそんなことないよね?」「ちょっとまて、その、みんな、ってのは・・・」
・・・能登もなぜか急にあんなことを言い出すし。なにかあったのか?
しかしまったく聞いておらず、大河と北村がくっついたらおもしろくないよね?竜児も大河が好きだよね?私応援するから。的なことを言い出す麻耶。
こちらも盛大な勘違いをしているよう。・・・・勘違い?

まぁこれも重要だったり?


『ギガント混乱するガンゼンローゼス』

次回予告はすごい気になりますね!『戻らない』んでしょうか?
クリスマスパーティー編中間へ。


続く。
→続きを読む?
2009.01.29 ただいま帰宅
部活後に友達のクラスのマンガ読んでたらこんな時間に・・・
今日も特に変わったことは起こらずに1日が終了。LHRの時間のアンケートで、「学校生活は楽しいですか」的なのに、「あまり楽しくない」的なのを選びました。
来年は「楽しい」を選べるクラスになりたい。そして自分も努力したい。


今からご飯食べてとらドラみて感想書きまーす。
では。
2009.01.28 明日から学校
明日からはまた学校です・・・テンション下がるな…
今日は夜塾行ってきました。

他は特にないです・・・
・・・あ、アニメイトTVが重くて見れません。
絶望放送が見れない?聴けない。神谷さんの誕生日らしいのですが・・・
はっ、まさか絶望リスナーたちがF5を連打しまくっているのか!?・・・すいません。聴いてない方わかりませんよね。

今日はとらドラですが見ようか悩んでます。最近またニキビちょこっと出てきたし・・・睡眠不足が原因っぽいしなぁ・・・
今日のところは寝ますか。


では。
・・・ネタバレしないでくださいよー?

まぁ知ってるんだけどね。
ごめんなさい。調子乗りました。
でも受験のおかげでここ2日間学校休みです。未来の後輩たちが頑張ってます。
有意義に過ご・・・・・・・・せませんでしたね。ずっとだらだら…
アニメ→ゲーム→ご飯→パソコン→昼寝→アニメ…だらだらしすぎ。太ります。絶対に。
でもニートって毎日がこんな感じなんですよね?。なんていうか幸せそうですよねー

てかこの休み利用してアニメみてました。みなみけですが。
なんか1期、2期、今やってる3期で作画がぜんぜん違う…かなりびっくりしました。
まぁ今2期の1話目を見てるわけですが・・・
勉強も並行して進めてます。ながらじゃたかが知れてるけど・・・

ちなみに今日はとらドラ!ですね?。絶望放送の更新日でもありますね。
塾だるいなぁ?。
でもセンター同日模試の結果最悪だったし・・・まじで頑張らなければ・・・


では。
『前略天国のあかあさん天の妃に編入して早3日です昨日は信じられない事がたくさんありました夢を見ているみたいですとっても幸せな夢ですああもうこのまま目覚めたくない──』
「だめですよかなこさん起きてください。おはようございます」「はっ──」ぶぱっ(鼻血)

今回も始まりましたまりあほりっく。今回も画像はないんであしからず。

昨日の怒涛の急展開から一夜。
起きたらそこにはメイド服?姿の鞠也が。そして「目が覚めたなら部屋の外のぞいてこい」「外?」ガチャ・・・「おはようかなこくん。清々しい朝だね」・・・ぱたん。「な…なぜ隆顕様がいるの!?」「オレが知るか」「道着姿が超うるわしいよー!?」「うん。お前喋るな」
なんと部屋の外には隆顕様が。
か「それじゃあやっぱり…『これからはこの石馬隆顕が君を守る!』『まじっすか!?』…」
鞠「生真面目──と言えば聞こえは良いが」
茉「現実問題只の面白い人ですよね」
このままだと自分が男だということがバレるかもしれないからどうにかしろと鞠也。

でもいじめも解決して仲直りもして、すぐに隆顕様も辞めるだろうと楽観的なかなこ。桐さんという彼女もできて学園生活も上々…
2?A
「恋人?私があなたの?そんなわけないじゃない。」
・・・

ほんとに気づいてなかったのか。
あの時はこれが1番効果的だと思ってのことだったらしい。
「それに女同士が交際するなんてありえないでしょ。」『私のアイデンティティ否定された・・・』
じゃあなぜそんなことを言ったのかと聞かれると「先生に言われた」かららしい。でもそれは社交辞令でとかなこが言うと「私は『はい』と答えたわ。約束は守るものでしょう。」と。

『そ…それはそうかもしれないけど。なんかがっかりしたっていうか得心がいかないというか……というか。なにかしらねこの状況』
なんと隆顕様がかなこの席の隣に立っているではないか。
くまたん先生「石馬さん今日は授業参観じゃありませんよ。教室に戻りなさい」
隆「断じて否です熊谷教諭!!」
『うふふふふ。やだなもう。視線が痛いや☆』

移動教室の廊下で大体の事情をサチと弓弦に説明。
弓「でもだとすれば困った事ですよね。どう考えても先輩の行動は逆効果ですもの。」
隆「かなこくーん!」
穂佳「どうしまして宮前さん?元気がありませんわよ(にこり)」「穂佳さん…」
穂『し・り・が・る(口パク)』
『折角つちかわれようとしていた友情が・・・仲直りできたと思ったのに?・・』

サ「でもあたしちょっと嬉しいな人気の先輩を側で見られて」
弓「私も正直ちょっとお得かしらと思っているのですがでもこのままだと…」

『イヤーッ!本当だわ』
大量のギャラリーが!!
バシッ「ひじきっ!」隆「だ…大丈夫かいかなこくんっ」
グシャ「スダコッ!」隆「あぁ…かなこくんっ!」サ「かなこちゃん!かなこちゃーん!」
ドカーン「スケトウダラッ!」サ「かなこちゃん!かなこちゃーん!」隆「うわぁかなこくんの上半身がーッ!」
ここみてて笑っちゃいました。画像お見せしたいんですがねー・・・
・・・海産物。

鞠「石馬隆顕……案外見どころのある奴だな。ああもナチュラルに他人を痛めつけることができるとは見直したぜ」
茉「なんというか行動のすべてが裏目に出る方のようですね」

──ピーポーピーポー・・・・・・
保健室
隆「…すまないかなこくん。私が近くに居ると良い結果をもたらさない事がわかったよ。故に今後は少し離れて見守る事にするよ!!」
『…今日はすごく疲れたな。早く寮に帰りたい…』
コンコン
「ほ…穂佳さん・・・」
穂『う・ら・ぎ・り・も・の(口パク)』
『──修復不可能かもしれません…』


GOD「ですから困るんですよ?消灯時間なので部屋に戻って頂かないと?」
かなこたちの部屋の前には隆顕様が。しかし、
G「死にますよ?」
隆「すみません!部屋に戻ります!」
G「廊下を走っても死にますよ?」
さすがG・O・D!!

隆「─というわけで寝室にお邪魔する事にしたよろしく頼む」

鞠「…予告通りあとで突き刺す。そしてさらに引っこ抜く。(怒)」
『ああ!!突き刺すだけでは飽きたらず!!』

「・・・まだ起きてらっしゃいますか?」
隆「ん…?どうしたんだいかなこくん」
「隆顕さまはどうしてこんなにして下さるんですか?」
隆「蚊帳の外がいやだから…かな?」

小さい頃犬(実篤・さねあつ。♂。気の弱い婿養子)と猫(鼓姫・こひめ。♀。世界の中心は自分)を飼っていたらしい。
そしてある日実篤の方が家出して車に轢かれて死んでしまったらしい。しかし傷つくと思って隠していたらしい。そして実は実篤は鼓姫にいじめられていたらしい。鼓姫は家から一歩もださなかったから散歩に行ってる実篤が気に入らなかったようで…
隆「でもね彼女も少し嫉妬が過ぎただけで実篤を嫌っていたわけじゃなかっただ。それ以来毎日窓の外を見て塞ぎ込むようになってしまってね。──実篤の帰りを待ち続けていたんだね」
──あれ?
隆「…私が二匹の仲がおかしい事に気づいていれば傷付かずに済んだんだ。」
──ああそうか。守ろうとしているのはわたしだけじゃなくて───
「だけどそれは隆顕さまのせいじゃ…」
隆「うーん…でもねぇ私は実篤が自宅の庭で眠っていることも知らなかったんだ」
隆「無神経ゆえに周りが見えず、稚いゆえに隠され守られて、私は一生あの惨めさを忘れない」

つまり、穂佳さんたちが鼓姫でかなこが実篤ってことですね。
そして隆顕さまはどちらも守ってあげたいということですね。

『天国のおかあさんかなこは恥ずかしいです。隆顕さまの気遣いを少し重荷に思う反面優越感も間違いなく感じていたんです。優しく誇り高くてそして少しだけ寂しい人。ああだからこの方はあんなにもたくさんの人に愛されるんだ──』

『──と自省する反面。』
──やっぱり皆さんの視線が痛いです。とりわけあの方の視線が・・・──
穂『ふん!』

どん!「めんたい!」
どん!「しらす干し!」
「ごはんです・・・」グシャ・・・


まだ海産物引っ張ります。てか血が『ごはんです』ってなってるの気づきました?

『やっぱりちょっと迷惑…』

桐「困っているの?」
「え…うーん、ちょ…ちょっとだけ…?」
桐「そう」

桐、行動開始。
隆顕さまに「宮前さんとのことで話が」と。

そして隠れて話を聞こうとするかなこだが、
隆「かなこくんっ!(さっそくばれた!?)(すたすた)
あ?うんごめんね気づかなくて(え?)私は昔からいろいろと鈍いようでね。だがまさか君がそんな…(ええ?)あ、いや失敬。他人の嗜好にとやかく言うのはよくないよ(えええ?)」
隆「ジャアネ!!オシアワセニネカナコクン!!」
どうやら様子がおかしいぞ!?
桐さんに聞いたところ「わたし達は付き合ってて、ずっと近くにいられるとキスもできない」みたいなことを言ったらしい…

「なんでそこまでしてくれるの?桐さんまでおかしな目で見られちゃうんだよ?」
桐「別に他人の目は気にならない」「え?」
桐「貴女を助けてと言う人が居た。私は『はい』と答えた。だから私は可能な限りそれを遂行するだけ。」
──違う。確かに道理はあってるかもしれないけど違う。何がどういうふうにとは言えないけど───

「変だよ」「変?」「なんかそれおかしいよ桐さん」
桐「そんなの貴女が決めることじゃないわ」
なぜ桐さんはこんな風になったんでしょうか…?

──そのころ
穂「もうこれ以上我慢できませんわー!こうなったら最後の手段!」「そのまさかよ…私たちに残された最後の海産物…」
・・・何をやらかすんでしょうか・・・?

続く。
→続きを読む?
最近は久々にゆっくり・・ってしつこいか。
で明日学校があるんですよ・・・当たり前・・?
そうなんです。でもなんていうかもったいないんですよ。神奈川県の公立高校の生徒ならわかると思いますが(居ないか)火、水と入試があるんで学校が休みなんですよ!明日もなければ5連休だったのに・・・
学校に入ることができないので当然部活もなし。5連休ならどんなに楽しめたことか・・・
みんなサボるんだろうなぁ明日・・・大掃除とかあるし。体育でマラソンあるし。・・・はぁ。

そんなんで今日も午前部活。入試の関係で最近顧問があまり来ません。いいっちゃいいけど悪いっちゃ悪い。居ないとやっぱりどっかダラダラしちゃうし・・・
顧問が復活したらどうなることか・・・
そして部活後、友達の教室にある「GANTS」読んでました。なにかと2chでも話題?ってか見かける単語だったので気になってましたが・・・結構面白かったです。ストーリーはちょっとわかりづらいですが・・・グロいし・・でもなぜか読んじゃう。

で昨日見た銭ゲバ。面白かったです。久々にドラマみようと思いました。
簡単なあらすじは、幼い頃に貧乏でひどい目にあってきた主人公が「金のためならなんでもやる」っていう人間になって、金のために殺人などを・・・って話。簡単すぎか。wikiで見たところ、原作をすこし現代風にアレンジしているよう。『派遣切り』とか・・・
てか出てる女優さんがかわいいよねー・・・とかいったら引かれますよねー。すいません。
今後も気になります。
・・・で銭ゲバ、ヤフーで検索したら、「銭ゲバ 結末」とか「銭ゲバ ネタバレ」で検索って(詳しくは実際やってみてください)・・・居るんだなぁって思いました。純粋に気になる。ならいいけど、それでネットとかでネタバレするやつとか居るんですよねーきっと。自分は興味ないからって・・・

で流れで久々にエンタみたら知らない人だらけ・・・NON STYLEとか知ってるのもでてたけど。
最後犬井ヒロシじゃなくなってた・・・でも楽器は伝統なんでしょうか?はなわの前は誰だったんでしょうか・・?


今日はまりあほりっく。頑張って起きとくか。


では。
2009.01.24 のんびり中
久々にのんびりしてます。
でも後で塾あるんですけどね・・・

さっき部活から帰ってきたら『銭ゲバ』の再放送してたんで見ましたが、面白いですね。
今日2話があるようなんで見ようと思ってます。

暇っていいですね。明日も午後は暇なんで(多分)なんかおすすめのアニメとかあったら見てみたいんですが・・・本でもいいです。
アニメならサイトで見れるのにしてくださいね。ひだまりスケッチとか見れないし・・・見れるとこあれば教えてほしいんですが・・
『ぱにぽに』でも見るか・・・


では。
やっとゆっくりできる。
今日は塾の予約入ってなかったんで(多分担任が忘れたかな?)今日は家にいます。

ここ最近は学校があったからアニメの感想とか書く暇なかったし。絶望放送更新日とか書けなかったorz
早く書き終えないとみんな見てくれないし(ブロトモ以外の方々)、かといって学校があるから見てすぐにも書けないし、学校で部活もあって帰ってきたら6時過ぎで塾もあるし・・・
とにかく大変でした。
やっぱり誰も見てくれないとさみしいんで。独り言の日記以外は。

今回はほんとに泣きました。学校で言ったら気持ち悪いって言われたけど・・・
個人的にすごい好きだったんで・・・でもやっぱり二人はこのままさよなら。とはなって欲しくないですね。

詳しくは感想の記事あるんで・・・

今日も学校は普通にあり・・・でも体育のマラソンが運良く雨で卓球に。・・・でもいつか今日の分を卓球の日に走るらしい・・・
部活もコートはいまだ使えず・・・今日も水取りしましたが、4コートあるうちの2つしか明日は使えなさそう・・・2つも無理かも・・
ほんと、やっかいです。

部活の後もみんな彼女がいるよで・・・仲良くしてるやつらのほとんどが居るんですよ。悲しさ倍増。
俺も生徒会に入れば(ry

明日は学校休みで部活も1日→午前に。
塾、行かないとなぁー。センター同日模試の自己採点もしなくちゃ。


では。

やばいっす。
まじで半泣き。ってか本泣き。この件はほんと好きです。

今回は生徒会長選挙編ラストでしたね。

前回の悪魔の演説中にまんまと登校してくる北村。サクラの能登、春田の「誰か立候補するやつは居ないのかー?」という言葉で一斉に北村を振り向くみんな。困惑する北村だがそこに独身が独っと登場。
「ちょっとあなた達なに・・・あぁっ!」独身の額にヒット。

プレプレパレード?♪
まだかよ・・・まぁ今回まで会長でてるからなぁ・・・

事情を説明すると案外すんなりと受け入れてくれる独身。なんだかんだでこの人はいい人だと思う。

そして演説を繰り返すが、竜児も『ほんとに意固持なやつ』な北村は相変わらず何もせず・・とうとう期日前日まで・・・思い悩んでいる竜児、大河のもとに1本の電話が。「生徒会の村瀬って言います」
「・・・教えてくれてありがとな・・」
「竜児?どこいくの?」「・・・北村を・・・ブン殴ってくる!」飛び出す竜児。

『狩野会長来週には学校やめて留学するんだ。たぶん北村は会長のことが・・・』
「あの・・ばかやろう」「・・・高須か?」顔に傷のできた北村が。

「みっともなくて言えなかったんだ・・『会長のことが好きだから』なんて」
宇宙飛行士になるために会長は留学するらしい。ほんとすごい人だわ・・・
北村はそんな事も知らずに生徒会長になってすみれに認められてから告白するつもりだったらしい。でも自分が会長になったらすみれは遠くに行ってしまう・・・そしたら何もかもやめたくってしまったらしい。
そしてついに親父にボコボコにされたらしい・・・
「ほんとにバカだよ・・・俺って。こんなことしたって会長が留学をやめる訳なんないのに」・・全部わかってる。でもやらずにはいられない。
そこに遠くから大河の声が。そして北村は大河が立候補したのはほんとは自分のためってわかっていたらしい。みんなに心配かけてることも・・このままじゃ、だめだってことも。
帰ろうとする北村。「北村!」「大丈夫だ。決めるから。ちゃんと、自分で・・・じゃあ明日・・学校で!」走り出す北村。

近寄る大河。・・・「あの電話なんだったの?」「・・言わねぇ。」
ここかなり省略されてます・・詳しくは追記にて。


そして次の日。
悪魔の演説中に登場する北村。「悪かったな。二人とも、もういいよ。・・・いや、これ以上の狼藉は許さんぞ!この北村祐作が、この学校を、正しく導いてみせる!」・・立ち直ったようだが・・

「はぁ?何かの間違いじゃ・・・」
独身によると北村が立候補届を出していないらしい。規則上4時までに出さなければいけないらしい。現在3時30分。駆け出す竜児。
そして教室には北村が。「帰ろう。高須」「本気なのか?考える時間はまだ・・」「1日考えて、やっぱりやめた。いいんだ・・・」「・・北村」
そして自分が生徒会に入ったきっかけを語りだす北村。
北村はいわゆる『高校デビュー』がしたかったらしい。そのためにはまず彼女を・・と思ってた時に他クラスの大河に一目ぼれしたらしい。そしてみごとにフラれた所に会長が現れたらしい。
『すべて見ていたぞ新入生。大丈夫、おまえの高校生活は始まったばかりだ。生徒会に来い!』そして生徒会室に連行されたらしい。でも、それから毎日の高校生活が楽しくなったらしい。「あの日、会長に声をかけられてフラフラと踏み出した『第1歩』は、無駄じゃなかったんだ・・なのに今は、次の1歩が踏み出せない・・」
・・「で、そのまま逃げるのか?」会長登場。
「おまえの足は、あがってるんだろ?前に進むためにそうしたんだろ?だったらその足を踏み出す以外に・・(バシッ)何があるんだよ!・・・サボんじゃねぇぞ。私は見てるからな。お前がどんな生徒会長になるか。」・・・「なんだよ、今の。」「高須。今何時だ?」「3時58分。」「一番盛り上がる頃に現れるんだな。スーパースターは。・・すまん。ちょっと急ぎの用ができた。」「・・あぁ」

投票日当日。
さくらの紹介の後登場する北村。
そこでなんと「俺は、会長が・・あなたが好きだぁぁーーーーーっと大胆告白!「俺と会長の間に特別な縁などなかったのでしょうか!?」
しかし当のすみれは、「・・・ということらしい。あれがご存じの生徒会副会長の北村祐作だ。おもしろいだろう?あんなおもしろい奴が会長になったら、きっとこの学校はもっとおもしろくなるぞ。清き一票を、ぜひあのおもしろい奴に!」・・・逃げた。

「なんで、ちゃんと答えてやらなかったんですか?」と竜児。でもそこでもちゃんと相手をしないで、「逃げるのかよ!?」・・竜児、やはり目つきがやばい。「北村はもっと賢く生きることを学んだ方がいい・・」ここでギュッと拳を握る会長・・
そしてやはり行ってしまうがそこに大河が現れてまだあとを追おうとする竜児に、「北村君のところにいってあげて」と。

『自分が望んだものは決して手に入らない』それがわかってしまってどうしようもなく立ち尽くした時、北村君はこの手を掴んで笑いかけてくれた。なんて優しい人。何度ありがとうを繰り返しても足りない。望まれているのは私じゃないってわかってる。だけど・・・できることは、したい。北村君が私にしてくれたように。
そして隠していた木刀を取り出す大河。
そしてすみれの教室へ。「狩野・・・すみれーーーーーっっっ」

──こんなことは間違っているだろうか──

「殴りこみじゃあああああっ」

「・・まだ残ってやがった。大バカ野郎が。」

──間違っているのかも。わからない。わかるのは、ただ。この足は、止まらないということだけ!



乱闘中。アクションか。ってぐらいの動き。
「あんたはただの臆病者だぁっ!傷つくのも傷つけるのもあんたは怖いんだ!その臆病さが、卑怯さが、北村君を傷つけたんだ!許さない!ぜっっっったい、ゆるさないぃぃぃぃっっっ!」さらに殴りかかろうとする大河を止める竜児。会長の方にも止が入るが、臆病者っ!卑怯者っ!自分の心に向き合うこともできない弱虫っ!・・言い合いはとまらない。「弱虫で結構、てめぇは単純暴力バカだろうが!」「あんたよりはマシだ!言ってみろ!北村君の気持ちを受け入れないなら、おまえなんか嫌いだって言ってみろ!言えぇぇぇっっっ!」「てめぇに・・私のなにがわかる!?てめぇみたいに単純バカに、なれるんだったら、なりたいよ!まっすぐ突っ走るだけのバカになれたらって思うよ・・・っ!好きなんて言ったらあのバカは私についてこようとするじゃねえか・・・!私がそうして欲しいってわかったら、私のためにそうするだろうが!いろんなモンを犠牲にしてあいつはそういう奴だ・・・だから・・・だから私は、バカになれないっ!」・・・泣き崩れるすみれ。
「・・会長は、本当に、優しい人です。・・・心から、あなたが好きでした!好きになれて・・・恋をして、本当によかった!・・・ありがとうございました!」涙の北村。崩れる大河。

片付け終えた後に教室から出てくる亜美たち。
そこで大河の生徒手帳を拾ったらしく、中には文化祭の時に北村と踊ってる大河の写真が。「本当に、好き、なんだ・・・」と麻耶。そして何やら実乃梨も切なそうな表情に・・・しかし奈々子が「あ、下に・・」「これは、あたしが返しとくよ。さ、教室戻ろ?」・・・そして実乃梨とすれ違う瞬間に
──罪悪感は、なくなった?──

なんか軽く流されちゃってましたが・・・実は・・・

そして悔しそうに歯を食いしばる亜美。なぜかは・・・知りたい?

そして北村は校内かわいそうな奴No.1になり、ついでに生徒会長になった。
『かわいそうな奴』というのを利用してこれからやっていくわけですが・・・詳しくは次回わかるでしょう。

そして大河からの手紙をみて大笑いするすみれ。そこには大きく
「バカ。」と。




続く。
→続きを読む?
2009.01.21 水曜日
水曜日。部活定休日。塾の面談。絶望放送更新日。とらドラ!放送日。
面談がなければひと時の休息日なのに・・・なんか表現おかしい?


というわけで、今日も学校が普通にあり普通に過ごしてまぁ何も変わらずに終了。
部活は定休でなし。最近ほんとにろくにボール打ってないわ・・・

代用機、電池が1時間しか持たない・・・帰れよ・・・

とらドラまであと約1時間30分。貯めておいたラジオ聴くか・・・最近ろくに寝てない。


では。
一回の大雨でこんなになるなんて。自然の力、恐るべし。

今日もそんな感じでコート整備だけで終わりました。走らなかっただけましか。ボール打てなかったけど。
でも終わった後に明日も雨と聞きショックを受けました・・・

明日はとらドラですが、ところどころ「北村は会長に何されたんだろう」とかいう発言を多く見かけますが(当たり前だけど)それ見るたびに切なくなります・・・


はぁ・・・
では。
時間が足りない。少し前までは時間が余ってた。どうにかならないのか。


今日はオーラルの授業で発表があった・・・あの有名なキング牧師のあの演説の1部。
覚えるのは冬休みの宿題だったけどやってるはずもなく(宿題1個もやってない・・・)3日前くらいから始めて・・・しかも毎日じゃなく・・・当日まで半分しか覚えてなくて・・・
今日最後のあがきで半分覚えようとしたけど・・・結果、残念でした。
やっぱめっちゃ緊張する。みんなの前だし。でもそれは治さないと今後も響いてくるし・・・
先生にも「前半と後半で全然ポイント(点的な)が違うね。残念。」と。
来週もう一度チャンスがあるらしいので覚えてたらもっかいちゃんとやりたいです。

で部活は昨日の夜の雨でコートは使えず・・・コンクリへ。最近コンクリばっか。
走ってめっちゃ疲れた。校舎の内周?ダッシュで5周って・・・おかしいでしょ『ダッシュ』って・・・

で帰宅後塾へ。

で帰宅後感想。



時間が、足りない。


で、は。
→続きを読む?
さて今回も始まりましたまりあほりっく。
今回はいろいろ急展開でしたが・・・


しょっぱな隆顕様親衛隊に壊されたバッグの予備をくれる鞠也。
「愚昧なルームメイトを助けるのも学園マドンナの務めだ」「さり気ない侮辱の言葉にカチンときたぞー?でもいいやありがとうー」
がしかし、「ぼぁーー」・・・中には謎の生物が!

そしてお祈りのためのロザリオを用意するかなこだが、かなこが持っていたのは鞠也曰く「只のアクセサリー」らしい。そして自分のを貸してやるといいだす鞠也。なんとそれは今は亡き学園元理事長の祖母の形見らしい(サチ推定1500万円以上)・・・そして「壊したらどうしよう」と困るかなこが見たいらしい。


茉莉花の「かなこ様の十字架が鞠也様の物ととても似ていると思いまして・・・」という発言も気になる!鞠也も自覚は無いようなので・・・重要なのか!?これって・・・


そして教室に入ると、「あれは・・何・・?」「煮凝り(にこごり─魚や鳥の煮汁を冷やしてゼリー状にしたもの。桐曰く「美味よ」)」「き・・桐さん?」
かなこの机の中には海産物が!

机の中に海産物が入っていたので隆顕様親衛隊の仕業なのか、と推理を始めるかなこ。

そして体育の時間。かなこのペンケースと鰹節を交換しようとする親衛隊。
しかし中の謎の生物に食われてしまう。
でたまたま運動靴を取りにきたかなこにみつかり、「・・・わたしのカバンに何をしているの?」「これは・・っそ・・そうエサ!エサをあげてましたのよ」「エサ!?」

そしてなぜかなこばかりいいことが起きるのか(隆顕様と相部屋になり、その次は鞠也と・・・一応学園のアイドルなんで)と親衛隊A(穂佳─ほのか、というらしい)。
そして「このロザリオも彼女に貸して頂いたものでしょ?」といいロザリオを外に投げる・・・フリをしますが、かなこはほんとに投げられたと思い猛ダッシュ。捜しに飛び出していきます。そしてそれをすべて見ていた桐さん。

放課後、かなこはまだ探していて、でもみんなは事情を知らないから「ロザリオほったらかしてどこいったんだろ」「もうしばらく待ってみましょうか?」「その必要はないわ」と桐さん。「ロザリオも私が預かるわ。本人にきちんと渡しておくから。」

そして親衛隊たちも本音が。
「だって・・・だって隆顕様は誰にでも優しくて同じように優しくて。勿論それがあの方の素敵な所だとわかってますけど。私だって本音を言えば自分だけを見て自分だけを構って頂きたいのよ。──貴女達も他の親衛隊メンバーも同じでしょう?そして皆お互いの切ない想いを知っているから出しゃばらないよう我慢してますのよ。そんな事情を弁えない編入生が特別扱いされるなんて許せるわけないじゃありませんか・・・」「・・・穂佳さん・・」
そしてそれもすべて聞いていた桐さん。本をパタン・・・何者なのか・・・

そして探し続けるかなこ。
すごく気にしているよう。どうやら大切なものを自分に預けてくれたからなのか?
「・・みつからないよう」「捜し方が悪いんじゃないの」「桐・・しゃん?」

そして教室に。そこには親衛隊メンバーが。「おっ・・お使いなさいよ(タオル)・・けれど絶対謝ったりしませんからね」そして泣きだす穂佳。
そしてなんと桐さんが「貴女方は石馬隆顕先輩が彼女に取られると思って妨害したのでしょう?そんな事をする必要は無いわ。宮前さんは私と付き合うことになったから。」と。
まさかの急!その真意は!?

そして帰り道の廊下。
なぜあんなことを言ってくれたのか考えるかなこだったが途中で考えることを放棄。
「天国のお母さんかなこも遂にかわいい彼女ができました。倖せです!!!」

そこに「かなこくん!?」隆顕様登場。
「どうしたんだいそんなにびしょぬれになって・・まさかまた私のせいで・・」と心配する隆顕様。
そして昨日ずっと考えて(鞠也に言われて)「私を慕ってくれている人がいるのはとてもうれしい。感謝すべき事だ。・・こといってその狼藉は?」といってるところに鞠也登場。「かなこさん一緒に帰りましょう」
「私は決めた!これからはこの石馬隆顕が君を守る!!」


『天国のおかあさんなんなのでしょうこの怒涛の展開は頭が混乱してどう反応すれば良いやらわかりません故にひとまず逃げの方向で』


つづく


→続きを読む?
VIPで発見
竜児「あれ、ゆり先生って案外かわいくないか?」大河「は?」
タイトル通り独身×竜児です。

北村や大河、笑えます。
でも嫌いな人は嫌いかも?
2009.01.18 今日は病院
今日は部活の予定でしたが急遽病院へ。昨日の夜から目が痛かったんですが朝も治ってなかったんで病院へ。・・まぁちょっとサボり入ってたけどね・・・ペアも休むって言ってたし。

で病院で診てもらったところ「スクラブ洗顔のやつ使ってます?」と。どうやらスクラブが目に入ってたらしい。「自分では取れないからねー。」と。
そんで目薬もらって、DoCoMoショップへ。ここ2,3か月イヤホンで音が聞こえなくなってたので修理へ。やっと行けた・・・
で古いやつ代わりにもらって帰宅。SH700iだって・・・

で午後は別になんもしないでだらだら。

夜は髪をカット。最近自分で切るのハマって?ます。
だからここ2か月美容院行ってません。笑
最初は大失敗(前髪がほぼぱっつん・・・)だったけど最近は上達したかな?
でもところどころ坊主みたいになってるっていうか・・・根本がしっかり切れてないみたいな・・・
奥がチクチクって感じです・・・まぁそこまで短くないんでわかりませんが。次美容院行ったときなんか言われるかも。
自分で切ってる方いますか?いたらコツとか教えてください。

まりあほりっくまであと約3時間。耐えられるか。
仮眠をとると起きれなくなるかもしれないし・・・悩むなぁ。でも念のため、絶望放送と天の妃放送部聞かないで取っといてるんでそれ聴いて起きとこうかな・・・


では。
今日はなぜか学校があった。
午後はOB・OGの方々が職業講演会みたいのをやった。
金融マンのひとはそれなりに面白かった。札束持ってきてたし。
次の英語関係の人はつまんなくはなかったけど時間も時間で下向いてる人が大勢・・・
自分も夢の中で「あぶねぇっ!」っていって目が覚めた。たぶん声は出てなかったけど、ビクッっておきたから周りに「うわぁ・・・」とか思われたかも・・・


で学校の後はセンター同日模試。
そこで部活の先輩を数人発見。で運良くみんな席近くて。
でも眠くて・・・ずっとシャーペンで腕さしながら受けてました。それでも一瞬意識飛んだ・・・
結果は英語は予想外にできた。国語は微妙だけど・・・一応文系志望なんで明日はなしです。政経は今日学校で受けられなかったから後日です。
で帰りはなんと先輩んちの車に乗せてもらいました。しかも家のすぐそこまで。お礼をして帰宅。


明日ってか今日だけど、午前部活。コートは使えるか!?


では。
疲れた・・・
明日学校、センター同日模試、遠出・・・体力がもちませーん・・・
今日も塾、早く行ったけど前々集中できなくてうとうと・・・途中寝てたっぽい・・・東進だから平気ですが・・・途中で帰りました。全然話にならないんで。感想も書かなきゃって思ってたし。←絶望先生第七十一話のまんまだ・・・自意識過剰義務・・・そういえばこの話アニメ化してないような・・・


では。

今回から始まりました。個人的に大好きな生徒会長選挙編。


しょっぱな亜美の下ネタ発言かと思いきや、犬の話か・・・ってか北村のテンション。
前回から何かブルーでしたが(大河と話してたとき)ここまでなってしまいました・・・みんな心配してるようですが。
そこに独身が独っと登場。号令を頼むが、「きりーつ、れーい、いただきまーす。」と北村・・・心配する竜児。
そして生徒会長選挙が近々あると独身。そして落ち込んでる北村を励まそうとするみんな。
しかしここで、「全部、やめゆー!」と北村。

プレープレパレード?♪
ってまだ変わんないんかい!

そして次の日、学校には人だかりが。そしてそこには「放してください!」「何考えてんだおまえは!」
なんと金髪の北村が・・・!
そして事情聴取される竜児と亜美。そしてそこには会長、狩野すみれの姿も!そして亜美は性悪全開。幼馴染に容赦はなしか。
そして冷たい会長。「私にはもう関係ありません。」という言葉に反応する北村。
「狩野先輩ってずいぶん冷たくなったんですね?。」さっそくかみつく亜美。さっきからすみれの発言が気に入らなかったようですが、「祐作がグレちゃったのって、案外先輩が原因だったりして。」「おい川嶋」しかし、「そうかもしれん。」「はぁ・・?」「だがそうだとしたら、私はもっと北村に失望することになるだろう。」と意味ありげな1言。また顔をしかめる亜美。
これで会長が絡んでること、亜美がなにかしら気づいてるかもしれないのがわかりましたね。

教室では、まだ北村騒動でざわついてる感じ。
心配する麻耶たちに対し半ばあきれかけた亜美。「悩んでる僕ちゃんに誰か気づいて?って言いたいんでしょ。」
そして帰っちゃう北村。「泣き叫べば救ってもらえるって思ってるやつは幸せだね・・・」とぽつり。亜美はこういうの多いですよね?

放課後『あのさ、これから北村くんちいってみない?』
実乃梨の提案で北村んちに行くことになった竜児と実乃梨。大河はパス。大河的には北村にこのまま生徒会をやめ、すみれと離れてほしいらしい。自分ではうまくできないから竜児に頼んだみたい。
そして道の途中、竜児は亜美は北村を叩きすぎじゃないかと聞くが、「あーみんはさ、北村君のことがものすごく心配なんだよきっと。」「えっ?」「ほら、あーみんは大人の世界でお仕事してきてる人じゃん?あたしらみたいなガキよりもずっといろんなコト分かってると思うんだ。北村君のこともきっと。でも自分がわかってることが誰にもわからない。そういう私たちの幼稚さに辛抱強くつきあってくれてるんだよ。」「あいつがそんなにできたたまかぁ??」「でもあーみんは間違ったこと言ってないよ?あんな風に言ってくれる友達、なかなかいないよ。」「うーん・・・」「だから今日みたいにチクっとくること言うときにもあーみんなりの理由があるんだって思う。っていうかそうであってほしいんだ・・・私も・・言っちゃ悪いけど高須君にもわからないことっていっぱいあるじゃん?わかりたい相手のことなのにわからないことって。」「あぁ・・・」「そういうのあーみんだけは全部ちゃんとわかってくれてるって思いたいの。」「未熟ゆえにわかってあげられないわたしらのそれが最後の救い、みたいなさ。」・・・「なぁー!なぁーに言ってんだかもぉー。北村くんちはこっちかね。」
「櫛枝はなんていうかやさしい奴、だよな。」「やさしい?違うよ!違う!私はただ傲慢で・・・ずるいん・・だよ「櫛枝?」

亜美が大人びてたのは『大人の世界』で生きてきたからなんですね。
だから周りもよく見えるし、いろんな事に気付いてあげれる。そしてヒント?もくれなくはない。でも・・・
そして実乃梨の『傲慢で、ずるい』どういう意味でしょう?

結局北村には会えずじまいと思ったらなんと家に北村が!・・・てんぱった大河とともに・・・
家出・・してきたらしい。

そこでいいとこみせようと失敗。こげこげ目玉焼きを作る大河。しかし笑顔で食べる北村。これも鈍感ゆえか。それとも・・・?

頭の理由を聞いても「生徒会長になりたくなくて・・さ・・」と。それがなぜなのかは明かさぬまま・・・
しかしそれを肯定する大河。自分のために・・・

ゲームの途中気付いたら寝ていた2人。北村の姿はそこにはなく、「なんだよ。勝手に布団しいて根やがって。」「北村君の寝顔拝見・・・」「・・大河?」
北村は、泣いていた。

反省する大河。いままで助けてくれた北村を、自分は助けられない、と。
「どれくらい離れてるんだろう。私と北村君の距離は。」「わからないから縮めたいって思うんだろ。好きだからわかりたいって思って手を伸ばすみたいにしてそうやって少しづつ近づいていくしかねぇのかもな。」「うん・・・」

朝っぱらから騒ぐ3人は大黒柱泰子に追い出されバッティングセンターへ。
北村曰く『健康的』に、竜児曰く『病的』に汗をかく北村。
大丈夫か?

そして帰宅後保護者泰子に黒染めされそうになり逃げ帰る北村。
北村の帰った後大河が北村がなりたくないって言ってるのは、合宿の時の実乃梨の『まんじゅうこわいメソッド』(ほんとはホラー大好きだけど、苦手と言っていた)ではないかと言いだす。「そうだとしても、北村がその気にならない限り手詰まりだぞ・・・」「やる気になってもらうしかねぇか・・・」
いい友達ですよね竜児も。

次の日「静まれぃ!ここに宣言する。この逢坂大河が生徒会長に当選した暁には、この学校を乗っ取り貴様らの高校生活を鮮血の記憶とともにモ、モグ、モルグに葬り去ってくれるってねぇー!」(後ろに立つ竜児。)「えぇぇーー!」
これはいったいどういう意図なのか?取り合えず、ヤンキーコンビが何かしでかすとどうやら学校は大混乱・・・?
北村はどうなるのか?結局会長は?


今回は画像ないけどわかりやすくするためにセリフに色つけてみました。
どの色が誰かわかるよね?よかったらこの『色分け』についても感想ください。

続く。

→続きを読む?
感想。今日も無理っぽい・・・
なーにやってんだかほんとに。

ディシディアおもしろすぎだよ・・・
明日には書けそう。ほとんど終わってるし。
書き終えたらTB、コメントしてくれると嬉しいし、お返しします。

今日は特に何もなかったかな。学校も部活も。


では。
今日は水曜で部活は定休日。コートはどうなったのかな?気になります。

で体育のマラソン練習。なんと・・・前回より1分以上遅くなっているではないか・・・!
正月中何もしなかったからなぁ・・・

で授業は相変わらず。スピンオフ読み終えました。逢坂君(仮)とか。笑
詳しくは時間あるとき感想として書きます。今日は今まで塾で忙しかった・・・東進なんだけど同じ人いるかな?

とらドラまで約1時間30分。持ちこたえられるか・・・!
一応目覚ましはセットしてます。携帯のだけど・・・前回ならなかったと思うんですが・・・
とりあえず頑張ろう。こんなんだから背伸びないんだけど・・・


では。
今回はパソコンで見ました。慰めのコメントどうもでした。

「今日からまた新しい学期が始まりますね?。」


今回はあの悪夢の日から1日(多分)、新学期当日。


「みてください。かなこさん。高等部の制服を着てみたんです。似合いますか?(にっこり)」「うん・・・とっても(ぼたぼた)」
『男でさえなければですがね!』

「はっ。まぁ愚問だったか。このファッションリーダーの祇堂鞠也着こなせん服があろう筈が無いしな。」
(茉)「世間的にはただのオカマですけどね。」


そう・・・百合少女宮前かなこは夢の女子高生活でひょんなことから女装ドS少年祇堂鞠也とおなじ寮の部屋に住むことになってしまったのです。


そして朝食の時間を告げられるかなこ。現在7時20分ごろ。7時30分のお祈りに間に合わないと抜きらしい。
「なんでそれを先に言わないの?もういいよ布団の中で着替えるから。」「なぁんだつまらん」
『何をやってるんだろう私。もう制服のブラウスしわくちゃだよ!おろしたばかりの新品なのに(ぐすっ)やっと編入してきたあこがれの学院だったのに・・』
「──泣いてらっしゃるのかなこさん。」「泣いてません!」「ごめんなさいね少し調子に乗りすぎたみたい。先に部屋を出ますからゆっくり着替えていらしてね・・・」パタン
「居ない・・本当に行っちゃったの?」
『ごめんな・・』「なっ、なによなによ!あんな優しい声で頭なんか撫でちゃって──(かぁぁ)」ぶつぶつ。
そうかなこは男に触られるとじんましんがでちゃうんです。
「うわー!体中がえらい事にー!!」

ここでOP。

かなこを担任に紹介する鞠也。「あなたが宮前教諭の?」『わ、若い。かわいい。』「どうかしましたか?」先生の名前は熊谷芙美、あだ名はくまたん先生らしい。
そして去り際に鞠也が「──バラしたらブチ犯す。」
(くまたん)「どうしたんだい宮前さん」「なんでもないです!バラしません絶対に!」

教室に向かう途中、先生はお母さんの知り合いだったことが判明し、「あの、先生。もしよければ今度おかあさんの事を話して貰えませんか?子供のときに亡くなったのであんまり記憶になくって・・」「いいよ、いつでも訊きにおいで。(にこっ)」

教室。自己紹介で噛むかなこ。
そして、桐奈々美(メガネっ娘)、稲森弓弦(昨日修道館で出会った美少女)、桃井サチ(妹系美少女)らと知り合う。()内はかなこの感想です。

そして新1年生を迎えるためにイベントホールへ。
そこでは鞠也が代表でスピーチを。しかしそこでお腹がなってしまうかなこ!ピーンチ!と思いきや、「失礼致しました。」となぜか鞠也。『あれ、これってもしかして助けてくれた?(ドキン)』
しかし、本人は『労せずして人気アップだな』そんなわけはなかった。
そして高等部生徒会長志木絢璃とどうやら仲が悪そうな鞠也。すれ違いざまお互いに、(絢)「ナイチチ」(鞠)「デカジリ」とののしりあう2人。
そして「なーいしょ」と飴をくれるサチ。「ありがとう」とかなこ。

そして帰りにサチらに誘いを受けるが、演劇部の人たちにも誘いを受けるかなこ。そこに隆顕さまが登場。
どうやら急に部屋を変えられたのが気にかかっていたらしい。そして自分に原因があると思っているようだが、「違いますわ」と鞠也登場。そこでわけのわからない理由を説明するが案外ほんとなのかも・・・隆顕さまはもてもてなので同室の子はいじめられると。でも隆顕にも少し心当たりがあるようなので実は鞠也も知らないだけでほんとなのかもしれない。
「・・石馬(隆顕)さまに責のある事ではありません。けれどどうかわかって下さいませんか?」「でっ、でもね私は・・・」何か言いたげな顔だがしかし鞠也の顔を見て諦める隆顕。『済まないかなこ君。迷惑をかけてしまったね・・・』

理由を聞くと単に鞠也は隆顕が以前から気に入らなかったらしいが・・・そこで心の狭さを指摘される鞠也。
そして生徒会長の悪口の中で小さいころからの知り合いということがわかり「幼なじみとかそういう感じ?・・・あれだったら鞠也が男だってこと知ってるのかな?」
「お前には関係ない」
そして去る鞠也。
『なによ。こっちだってあんたなんかと仲良くする気ないわよ。男キライだし。触られたらじんましん出ちゃうし。やだな。なんだろおかしいな。どうして胸が苦しいんだろう』


そしてかなこは隆顕と仲がいいことをかなり嫉妬されているよう。さっきの演劇部の人たちに(隆顕は演劇部らしい)。


次回からどうなっていくのか?いじめはほんとなのか?今回は原作読んでないんでわかりません!
非常に楽しみです!では!

続く。
→続きを読む?
今日は火曜日でした・・
完全に月曜気分で時間割間違えた・・・まぁ体育ぐらいしか覚えてないんだけどね。
その体育がなかったんでラッキーでした。最近は行事でマラソン大会とかふざけたものがあるんでそれに向けて長距離走らされたりするんです。
僕体力ほんとにないんで。

で授業中はゲームと本。なんか哀れです・・・自覚はありますよ。はぁ・・

でそこでスピンオフ2読んでたわけですが、まだ途中までだけど春田のは読み終えました。
あぁ。これでは春田─奈々子は無理だよ。奈々子もあまっちゃうんだ・・・
個人的にも春田は奈々子となってほしかったけど今回読んで「なってほしいけどなってほしくない」に変わりました。
詳しくは全部読み終えてからちゃんと感想書きます。

で部活。
まだコートが使えないので、謎の薬(友達曰く、水を吸い取るらしい)を撒きコンクリコートへ。
そこで3グループで打つ、走る、跳ぶ(縄)のローテーションでやっていくことになり、なぜか僕と友達1人が2年男子のグループへ。走りではだんとつビリ。
まぁそこまで長い距離じゃなかったんでよかったですが・・・

明日は体育ありそう最悪。明日部活はないけどコートが心配だ。


では。
2009.01.12 だらだらday
今日はほんとに1日中だらだらしてた。
ゲームパソコンベッドのうえ。よくない。
でまりあほりっくをパソコンでみて感想書いてる途中の現在。
サッサと書けばもうアップできてるものを・・・だらだら過ごしてまだ途中・・・
明日には書き終えよう。


ちなみにこのブログ見てくれた方でまりあほりっく見てる方いますか?
いたらコメントくれると嬉しいです。ブロトモ申請しちゃいます。たぶん。


明日は学校。とらドラスピンオフ2楽しみだ。
では。
2009.01.12 しくった…
また寝ちまった…orz
2009.01.11 はぁ・・
昨日コメントくれた方ありがとうございます。


今日は午前部活。
おとといの雨でコートは使えず・・・氷張ってるとこあったし。他は途中で水がしみ出てきて終了。
上のコンクリのコートに途中から移動して練習。


で午後は特に何もせずに過ごしたけど、途中でうちに泊まる約束になった。
でもテレビが使えずこれも終了。親が使うなと・・・


まりあほりっくまで、あと1時間50分。
今日は案の定コートは使えず・・・
上のコンクリのコートで少々・・・その後大きい公園を走る予定でしたが、膝痛いんでパス。
昨日の階段けんけんでのぼるやつでまた痛くなった・・・あれはこれからやんのやめよう。せっかくなおってきたっぽかったのに。

そんなんで午後はなくなって少々昼寝。
その後塾。最近勉強あんましてないんで頑張らないと・・・


で帰宅してパソコン。





これが誕生日の1日でした。


ちゃんちゃん♪
→続きを読む?
2009.01.10 絶望放送
水曜日は絶望放送更新日でした。忘れてたorz
[第70回] 【ボヴァリー貴腐人】


リンクから飛べます。
2009.01.09 今日の日記
今日はまぁ学校も2日目ということで授業も6時間・・・
それにしても寒い!めちゃくちゃ寒い!体育の授業で卓球やってるんだけど体育館履き忘れて足が凍りそうに・・・途中お腹いたくなったし・・・
で授業中も本読んだりゲームしながら時間は過ぎていく・・・
てかとらドラ!のスピンオフ2になんと原作読者ならわかる春田の『アレ』についての話がありました!
原作で詳しくは触れられてなくて「なんで?」って思ってたけどこれで明らかになりそう!・・・そうまだ読んでないんです・・・
楽しみだなぁ。でも学校用にとっとかないと・・・
で今はディシディアにはまってます。みんまもうLv100超えてんのたくさんいるから・・・僕はまだかって1週間ぐらいしか経ってないんで100がいないんですよ・・・
しかもちゃんとLvあげしてるんで。せこいことはしてません!笑


で部活は今日雨降ったんで筋トレ系。階段ではきそうに・・・運動不足です・・・明日は部内戦で、前回の結果で3人組つくって総当たり戦でトップが1個上、びりが1個下のグループに落ちるってシステムらしい。とりあえず落ちないように頑張ります。←弱気
でも今日雨降っちゃったからなぁ。コート使えるといいけど。


そんなかな。
では。

ちくしょー。寝てしまった・・・
めざましかけたつもりがはっと目が覚めた時はもう5時・・・結局パソコンで見ることに・・・


今回OPとか変わると思ってたのに・・・
今回の話は文化祭後の話でした。


文化祭で大河に触られた人たちがどんどん幸せになったことから生まれた伝説。
今回はそのことを利用していろんなキャラの気持ちが描かれてたよな気がします。


最初に気になるのは亜美の電話でしたね。
竜児が大河にオレンジジュース買いに行かされてるときに発見したんですが、「うん・・もうすぐテストだし・・」と会話中。
そして終わったおとに「よ」「よ」と。「今の電話なんだ?」「なにー?私の秘密知りたいわけー?」「別にどうだっていいけどよ」むっとなる亜美。「えっとオレンジオレンジ・・」「食事中にジュース?やーだ子供舌。」「俺んじゃねぇ。大河のだよ。」またむっとなる亜美。「コーヒー牛乳じゃやだって・・なっ」下のブラックのボタンを押す亜美。そしてつーんと行ってしまう亜美。それにしても竜児が大河のために何してあげる度になにかと反応する亜美。合宿のカレーの時もそうだったけど・・・?

で次に写真を買うシーン。竜児の85番を見て「私も・・・この写真買おうかな」と実乃梨。
でそのあと亜美に「その写真にどんな思いを持っていようと。それこそたかが写真よ。」と言われ「うん・・・たかが写真・・・だよね。」と心なしか安心したようにぽつりと。そして「さすがはあーみん先生、大人の余裕ですなー。あっはっは。」と。なぜ『ほっと安心』したんでしょうか。
『どんな思いを持っていようと、たかが写真よ』

階段でも独身を見つけて、かくかくしかじかで「川島さん。あなたってほんとうに、ほんっとうにいいこねー!」といわれ「ほんっとに、私っておとな?」とぽつり。

でCM後会長が「北村・・・話があるんだ・・・」この一言がかなり重要!詳しくは言えないけど・・・北村の会長に対しての思いが・・・おっとだれかきたようだ。

でスドバでのシーン。
ここで麻耶が北村に対しての気持ちがほかのまるおー。まるおー。って言ってる人とはちょっと違うってのがわかりましたね。奈々子にも「なーにむきになってるのー。」って言われちゃいましたね。
で2人に「恋愛絡みだったらさーどんな願いでも叶えられそうだしー。」「そうね。大人っぽいし、スタイルいいし。亜美ちゃんに迫られて落ちない男なんていないよねー。」と。居るんですけどね1人・・・
「まーたそんなことを」と言いつついきなり不敵に微笑む亜美。

そして次のスーパーのシーン。
そこには真剣に悩んでいる竜児が。晩御飯のおかずで迷ってたようですがそこにいきなり亜美登場。
さっきのは竜児を見かけたからなんでしょうね。
そんで「真剣に悩むのもいいけどさー高須君万引きGメンにぴったりマークされてるよ。」と・・・それも顔のせいなんでしょうか・・・
そして竜児が「もしほんとなら(伝説が)大河自身が幸せになるにはどうすりゃいいんだろうな」と言うと、「もう充分幸せじゃん。」とまたぽつり。「え?」となってもすぐに話題をチェンジ。
そんで買い終わった後、「いいから豚肉食っとけって。お前今日顔色悪いしビタミンB2足りてねーだろ。朝から何か元気なかったしなぁー。ほら自販機のとこでも。」ここでなぜか頬が赤くなる亜美。「な・・なにそれ。ただのおせっかいおばさんじゃん。」「おばさんで結構。お前、どうせ今でも菓子ばっか食ってんだろ。ほんっと、子供だよな。」
ここではっとなる亜美。さっきまでみんなに大人、大人って言われてたのに竜児だけ『子供だよなぁー。』と。「こども、かぁ・・・」と亜美。

そして帰り道、偶然北村を発見した大河。
「き・・きた・・きたむ・・」と真正面見ながら。「逢坂」「なにしとるn・・してるの?」「・・あぁ・・何もしてない。をしている。」「・・・ふーん・・」「幸せの手乗りタイガー・・・」と言い大河に触れる北村。そんで「ごめん・・俺何やってんだろ・・」「何かあったの?お財布落としたとか?・・あっ!あのくそ忌々しい生徒会長になにかいじめられたとか?」そこでちょっと反応する北村・・・それを見て大河も「ん・・・」と。「いや・・違う。なんでもないんだ・・・」と北村。
そしてばっと北村に頭を向ける大河。「あの・・さっ触ってもいいよ!よくわかんないけど・・ほら、好きなだけ触って、いっぱい、おもいっきり触って!ってやだ・・わ私なにいってんだろ・・」「逢坂・・ごめん、大丈夫。ありがとう。」
そしていきなり「冨家君・・ほんとに大丈夫・・?」とさくらたち登場。

それはおいとき、「おうお帰り。」と家にシーン。
「ちょっと竜児なんかごちそうじゃない?今日なんかの日だっけ?」「あー・・えっと、あー・・」多分実乃梨が同じ写真買ってくれたからでしょうねー。個人的にはそう思いました。
そしてうっかり父親のことに触れてしまった竜児。しかし大河はもう気にしていない様子。ほっと安心する竜児。そして泰子に伝説のこと話すと、なでなでと大河をなで始める泰子。そして「やっちゃんねーこうやって大河ちゃんをなでなでできてー家族そろっておいしいご飯食べてーそれがーいっちばん幸せなのー」と言われ、「家族・・」と大河。「そうだよーうちは3人家族なんだからー。」と。
両親によくされなかった大河にとってはうれしかったでしょうね。

そして亜美の家。テーブルには竜児にもらった豚肉が。
そしてここでさっきの電話のことがわかるけど、亜美はいつ帰るかみたいなことを聞かれてたみたいですね。
そしてその答えは「やっぱりこっちにいようと思う。」そして「うん・・大人、とか言われてるんだよ。」と。
『大人』ってなんでしょう?


『触ればなんでも願いが叶う手乗りタイガー』『もしそれがほんとうなら私はなにを願うんだろう』『今はまだ自分の願いの形はよく見えないけれど』『みたくもないけれど』


追記へ。
→続きを読む?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。