上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
間違えて画像いくつか消しちまったorz
消えてるところは想像してください、ってか思い出して下さい。泣


無題

「ついについたぜスキー場。・・・それにしてもウエアが・・・
 ・・・しかしこんな板の上に乗って雪の上を滑ってなにが楽しいんだか。」
「同感よ。ほんとにつまらないわ・・・」
「ソリ、だもんなお前・・・それにしても春田のくせに生意気な・・・」

5.jpg

「あーあ。こっちも祐作がニブすぎるから・・・
 あんた、それどうにかならないの?」

「だからはっきり言わないとわからないと言ってるだろう。」
「・・・ほとんど暴力だよ、それ」

1.jpg

「・・・」「・・・」
「なんかみんな元気ないよ?
 ・・・あれ、高っちゃんどこ行くの?」

「・・・いや、ちょっと・・・」

3.jpg

「あぁ、これは大河にもらったんだよ。大事なものだから取っとけって。
 かわいいよねーこれ。・・・ってあれ高須君どこ行くの?ねえってば。」

「・・・いや、なんでもない、大丈夫、だから。」

21.jpg

「どーしたの?」
「かくかくしかじかで・・・」
「あの櫛枝!?」
「・・・よし、討ち入りだっ!」

キャプチャ

「ちょっと湿ったタオルが・・・」
「・・・やめとけって。」

ibut.jpg

「んーんっ!」
「頼む!ほんとに頼む!落ち着いてくれ!まじで頼む!まじで!」

reabg.jpg

「あたしの何がわかるって言うのさ!」
「・・・ほんと、、イイ面の皮してる。」
タンスの中一同「・・・」
「もうやめなって!」

tgsbh.jpg

「高須君がフラレたのあたしのせいかも・・・」
ドンッ
「絶対わざとだ!昨日のことまだ怒ってるんでしょ?いま高須君と話してたからでしょ?」
「はぁ?下手に出てたら調子乗んじゃねえ!」
「お、おい・・・」

jkudzgf.jpg

ボカッ、バキッ
「顔はやめろよ怪力!」
「てめえは女優じゃねえだろーが!」
ふわっ・・・
「あっ・・・」

「・・・大河がいねえ・・・」

ufhkifuhkfhuk.jpg

「私、もう一度見に行ってみる!」「俺も!」「ちくしょう、俺も!」
「こっちに落ちた跡が!」「・・・俺が行く。」

「大河!」
「りゅう・・・(コツッ)北村君?・・・こんな時に助けてくれるのは竜児だと思ってた・・・ごめんね」
『・・・ゴーグルをメガネと勘違いしてるのか・・・でも今はそんな事言ってられねえ。早く引き返さないと。』
「・・・失恋大明神ご利益ないね・・・だって、どうしたってこの気持ちは消えないんだもん・・・どうしたって、竜児のことが好きなんだもん・・・」

追記へ。
今回は新しいパターンでやってみましたが前半。どうでしたでしょうか?
一言でも書いて下さるととてもうれしいです。簡単な感想でいいんで。
・・・それにしても時間かかってしまった。今回は、最初は絵の下にそれぞれのシーンに対する説明だけじゃなくて、自分の意見も書いていたので、ほんとに追記部分をなくすつもりだったのですが、途中で断念。1回書いたのを全部消して、セリフっぽいのを入れて場面の解説のようにしてみました。
はじめは面白半分でやったんですが・・・それぞれのキャラっぽいセリフになってますか?

今回は修学旅行編後編になるのでしょうか・・・
原作だとあのあとすこし続きがあるんですが・・・それがいいシーンなんですよ。
そこで自分は実乃梨が好きになりました。・・・次回やるのかな?予告的にはもう9巻の内容になってたけど・・・

それじゃあ今回は場面ごとに。

まず、上の2枚目から。

ついにケンカになった能登と麻耶。
発端は能登ですが、根本の原因は北村のニブさ。これには亜美もあきれ返ってますが。
しかしそんなことやらで雰囲気は一気に急降下。このままじゃ実乃梨の本心なんて・・・
・・・しかし、このあとの能登と麻耶の関係はどうなるのか・・・?

4枚目。

竜児のもとに実乃梨が登場。「ずっと機会を伺ってたんだけど・・・」とイブのことか!?と竜児が「おう、俺も・・・」と言ったところで、「ケンカになっちゃたじゃない?」・・・そっちかよ。となる竜児。
そしてさらに、その原因は・・とフった男の前で普通に他人の恋愛話を始める実乃梨。
そこまではなんとか持ちこたえていた竜児だが、「大河が北村君を好きだって誤解してるからなんだよ」と言った時には思わず「誤解じゃねえんじゃねえの」と思わず言ってしまう。
・・・まぁ竜児だけが知らない訳ですが・・・
しかし「そんなことはない」と言いながら実乃梨が取り出したのはあのヘアピン。
あの春田とのバトル以降大河が持ってたんですね。
しかしそれを見て悟る竜児。アニメではありませんでしたが、あのあと竜児は実乃梨の「ずっと、このまま」の意味を理解するんです。
それは、
『「ずっと、このまま」いたいから「高須君は心を殺し続けて」』ということ。
つまり、『イブのことなんか忘れちゃったぜー』という実乃梨に合わせて竜児も『忘れちまったぜー』と一緒にやってくれってこと。
そこで、北村がグレたときの「私は傲慢で、ずるいんだよ」という実乃梨の言葉を思い出した竜児。
つまり実乃梨は、私はその思いに応えることはないけどそれでもいいなら私を好きでもいいよ。ということ。
そしてちゃんとフらないのは、傲慢でずるいから傷つける勇気なんてないということ。
と竜児は理解して部屋に帰ってしまう。
でも個人的にはただ実乃梨も竜児が好きだからちゃんとフれないんじゃないかなー。って思いましたが。竜×実派だからそう思えちゃうだけなんでしょうか。
しかしこれで竜児の実乃梨に対する思いはどうなってしまうのか。これも次回の見どころ。

8枚目。

ついにこちらも大ゲンカ。
これも発端は亜美がケンカを売るからですが、根本の原因は実乃梨の竜児に対する態度。
実乃梨の曖昧な態度が嫌だったんでしょうね。なんでそんな態度なんだよと。竜児は必死に頑張ってるのになんでお前はそんなんなんだよと。・・・でもそれは自分の言葉のせいでもあって・・・
・・・まぁこれは僕自身の考えですが。
そして実乃梨の「いつ平気な顔なんてした」ってことは竜児をフって平気なんかじゃないということ。
さらに「関係ないから」。さすがにこれは亜美にも応えたよう。クリスマスパーティーの時も「私も最初からはいりたかった」と言ってたわけですから。
それにしても亜美怖い・・でもこの顔が好き。
・・・でも竜児たちは話を理解できてなかったようだけど・・・北村はどうだったのだろう?
まぁ竜児も亜美は実乃梨の言わない『何か』を言わせようとしてたのかなー。とは理解していたようですが。

9枚目。

懺悔のシーンはかなり省略済み。原作だと亜美が一方的に竜児と絶交・・・など。
しかしここで、亜美の実乃梨のどこが嫌なのかが判明。「真正面から向き合ってくれないから」。
たしかに実乃梨は確信にふれるようなことからは逃げていた気が・・・
でも、もうどうしたらいいのかわからなくなっちゃったんでしょうね。
そしてまた大ゲンカ。でも亜美がキレたのって少々大人げない気が・・・
しかし・・・

10枚目。

「あっ・・・」とヘアピンが・・・大河が追って落ちてしまい・・・

11枚目。

3人で捜しに行き竜児が救出。しかしそこで大河が誤爆。竜児に図らずも告白してしまう!
・・・本人は気付いてないけど。
しかし、ここで竜児も大河のホントの思いに気が付きます。
でも、北村は知ってたってことですよね。失恋大明神を拝んだんだから。
しかしほんとは1巻の時から気づいてたんですよ、多分。
自分のことはニブいのに、他人のことに対しては鋭いんでよねー。竜児も言ってますが。


次回からは・・・
大河に告白(本人は気付いてないが)されてしまった竜児は大河とどう接するかに困って・・・
のまえに、8巻の最後のエピソードが来るはず!
くる。きっとくる。


・・・なんか最後の方は集中しないで書いてしまったけど、
では。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://zetsubou2514.blog63.fc2.com/tb.php/109-783d897d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。